すごろくルールのもやもや

どうも

大道芸人のれもん(@performer_lemon)です

子どもがすごろくが好きでよくやるのですが

すごろくって意外とルールがきっちり決まっていないなと思いませんか

ゴールはぴったり着かないとダメなのか?

指示で移動した先のマスの指示は適応されるのか?

という昔からあるからこそ曖昧な、すごろくのルールについて考えてみました

結論としてはプレイヤーが納得する方でいいと思いますが

それではブログにならないのでね(笑)

ゴールはぴったり?

まずはゴール条件について

残り2マスでゴールの時に3が出たらどうしますか?

すごろくのルール

そのままゴールでもいいですし

ぴったりルールだと往復してゴールの一つ手前のマスになります

ぴったりルールは土壇場の一発逆転があって盛り上がりますが、トップを走っていた人には厄介以外の何でもありません

クイズ番組で

「最後の問題は100万ポイント!!」

という番組を盛り上げるために当初のルールを覆すあれくらい理不尽です

怒りの画像

僕としては、ゴールに向かって進むゲームなのだから

到着したら戻らずゴールでいいと思いますが

一方で中盤を過ぎたあたりで1位が確定してしまうと興醒めする気持ちも分かります

ぴったりゴールのルールにするなら

すごろくのゴール直前からこんな形に設定してしまえばいいですよね(笑)

すごろくのルール
本の中にちょうどありました

○マス進むの先の指示

指示で移動した先の指示には従うか無視するか、これも意見が分かれるルールだと思います

指示に従い続けたら大移動

なんてことも起きそうな、決して軽視できない問題です

すごろくのルール

これも、僕は指示は従わなくていいと思っていましたが

Yahoo!知恵袋を見ていたら「指示マスなんだから従いましょう」って回答があって

そちらの方が多数派なのかもしれません

子どもの手作りすごろくとかだと

「3マス戻る」→「5マス戻る」→「ふりだしに戻る」

ってありそうで、これはこれで興醒めですが(笑)

ちなみに我が家で使っているすごろくの本

記憶の範囲では移動先に指示マスがないので、考慮されているのかと思いました

(画像クリックでAmazonの商品ページに移動します)

1〜3なら進む、4〜6なら一回休み

我が家で1番意見が分かれているのはクエスト系のマスで

「1〜3はその数字だけ進む、4〜6は1回休み」

というようなマスです

すごろくのルール

この時、一回休みをした次の番はまたこの指示クエストをするのか?

という問題

もう一度指示クエストをする(リトライ派)か

もう一度はなしで、サイコロの目で進む(一度きり派)か

五分五分で割れたまま、一度きりを仮採用しています

さらにはこんなクエスト系もあります

かならずとまる!1,2,3は1すすむ、4,5,6は8もどる」

すごろくのルール

まず8マス戻るがハードすぎる設定です(涙)

この場合はリトライを採用していますが、8マス戻るループに陥ることも…

娘がギャン泣きしたのもいい思い出です

僕が決めるなら

このまま、ブログを終えるつもりでしたが

僕の視点でこれらのルール問題に終止符を打とうと思います

あくまで参考程度に気楽に見てね

反論は受け付けません

1.ゴールはぴったり?

これは、ぴったりでなくて良い!

なぜならば、移動中であってもゴールに到達した時点でゴールだから

もし、ぴったりにしたいのであれば

前述のようにぴったりでゴールになるような道順、または記載をすべき

2.指示で移動した先のマスの指示

従わなくて良い

例えば、「3マス戻る」→「2マス戻る」という順で繰り返し指示があるのなら

「3マス戻る」のマスには最初から「5マス戻る」とすべきと考える

原則従わないことにして

すごろく盤の設定上従わせたいのであれば、そう記載すべき(2回目)

3.クエストマスの一回休み

繰り返さないで良い

1回休みの代わりに1マス戻るにすれば

同じように足止めになるので、足止めにするのなら1マス戻るがベター

繰り返しクエストをさせるのであれば、そう記載すべき(3回目)

まとめ

ということで、すごろくのルールのもやもやを共有したく書いてみました

ボードゲームがブームである今ですがすごろくはボードゲームの先駆けと言える存在

すごろくはルールがシンプルで子どもでも遊びやすいです

ルールを守る、順番を待つ、数字や文字に触れる、など教育面でも素晴らしい

家族の時間におすすめです

どんなルールにせよ

みんなが楽しく遊べることが1番大事なので、ルールを守ってマナーよく遊びましょう

家族団欒
すごろくしろよ(笑)

Follow me!

PAGE TOP