レッカー呼んだ話

どうも、大道芸人のれもんです

いきなりですが、レッカーされました

ほんと焦りました

今回はそんな雑談焦りブログを時系列で書いていきます

ちなみに

学びになった話は別の記事を書きましたのでそちらの方がためになると思います

いつもの朝

水曜日、いつもの朝です

前日の大道芸の疲れもそこそこに、朝のルーティンであるトレーニングをし、朝ごはんの支度、保育所の準備…

うん、いつも通りです

そしていつものように娘と息子を車に乗せて保育所に送ります

息子は通園していないのですが、娘が一緒に行きたがるし、息子も外出を楽しみにしているので連れ出しています

保育所について、娘を先生に預けて車に戻ると

エンジンがかからない…

悲劇が始まりました

とりあえず焦る

結構ビビりで心配性な性格なのでめっちゃ焦りました

さっきまで乗っていた車のエンジンがかからないって、そんなことありますか?

運転してきた車でバッテリーはあり得ないと思い、かえって理由がわからず不安になりました

何度もキーを回してエンジンかかれ!と祈る

ここは保育所の駐車場

よりによって玄関に最も近い場所にミニバンを停めてしまった

迷惑でしかない

不安が不安をよぶ…息子も泣き出した

状況整理

大事なのは、今どう対応するのか

ようやく冷静を装える状態になり、まずはスケジュールの確認

幸い迫った予定はないので週末の現場に行ければ大丈夫

そして状況整理

車検は2ヶ月前に受けたばかり、定休日の車屋に連絡をし指示を仰ぐ(休みの日の朝から本当ありがとうございます)

するとその時

娘の同級生のパパが声をかけてくれました

鶴の一声!同級生のパパ車屋

同級生のパパが声をかけてくれました

「自分車屋なんです、見ましょうか?」

なんと心強い!!

イケメン!ありがとうございます!!

惚れました、今度おごるので一緒に飲みましょう(笑)

プラグにかぶってるかそんな感じで、ここでどうこうはできないですね

という結論(専門用語多くて原因は理解できなかった)

力になれず申し訳ないと言われましたが、そんなことない!

こういう時に、状況を把握できる人がいる安心感

原因が自分の範疇を超えていたことがわかり

「おそらくレッカーです」と、次の行動を進言いただいて

お礼を言ってお別れしました

こういう時1人は不安なので、わかる人に声かけてもらえるなんて幸せです

今度の車はパパのところで買おうかな(笑)

レッカーを呼待つ

そうこうあってレッカーを呼ぶことになります

自分は歩くなりタクシーなりで帰れるけど、息子を抱えてレッカーを見送るのは辛すぎるので自宅の妻に連絡をして息子を迎えに来てもらいました

寒空の下レッカーを待つ中で

こんなん絶対ブログに残そ、と決意

そうしてこの記事は書かれています

もう少し付き合ってね

保険屋に連絡をして、レッカー到着です

レッカー到着、見送り

レッカーが到着しました

実は2回目のレッカー

1回目は山口の道の駅で真夜中でしたが、それに比べると大したことではないです。外明るいし

断りを入れて写真を撮らせてもらいました

行ってこい、ステップワゴン

僕の車は広島市内で世話してもらっているので、広島まで搬送されていきます

搬送、その後

搬送を終え、置き去りにされる30歳男

ここで保険の特約が登場!レッカー後の自宅や宿泊施設までの移動費が補償されます

詳しくはためになる保険の話にあります

近くでタクシーを拾い帰宅

やれやれ、余計な疲労が蓄積されました

最近良くないことが続いている気がする、早いところ良い波に乗りたいです

車のない生活

田舎暮らしに車なしはツラい、妻の車はありつつも不便な生活を過ごします

たまには不便も楽しみましょう

予定では水曜~週末土曜日までの4日間は車なし

制限される分見えるものがあるかもしれません

これも芸備線の電車で書いていますし、意外と捗っています

こんな雑談ブログに最後までお付き合いいただき、ありがとうございました

並行して書いた自動車保険の話はためになると思いますのでぜひ

Follow me!

PAGE TOP